【GW】総旅行人数が過去最高に、旅行費用は減少…JTB予想

業界 レスポンス

JTBは、「ゴールデンウィーク(4月25日〜5月5日出発日基準)に、1泊以上の旅行に出かける人」の旅行動向の見通しをまとめた。

この調査は1200人から回答を得た旅行動向アンケート、JTBグループの販売状況、航空会社の予約状況、業界動向などから推計したもので、1969年に調査を開始して以来、今回が48回目。

節約傾向はあるものの旅行意欲は堅調で、総旅行人数は前年同期より0.3%増の2395万6000人と過去最高を予想する。

回復基調にあった国内の景気は、春季労使交渉の賃上げが小幅回答にとどまるなど、個人の収入の伸びが低いことや、新興国を中心とした世界景気減速から、先行きの不透明感が高まり、節約志向が強まっている。GW期間の旅行に関しては、節約傾向はあるものの、今回の旅行動向アンケートによると旅行意欲は昨年並みで、日並びもよいことから、国内旅行、海外旅行ともに前年より増加する見込み。

国内旅行人数は、同0.2%増の2341万人と微増ながら過去最高となる見込み。海外旅行人数は2016年に入り日本人出国者は増加に転じており、国際情勢の影響などはあるものの、燃油サーチャージの値下がりや若干の円高から同2.8%増の54万6000人を予測する。

出発日のピークは国内旅行が、4月29日と5月3日、海外旅行が4月29日、30日と5月3日。

一方で、国内旅行平均費用は同1.7%減の3万5200円、海外旅行の平均費用が同1.5%減の25万9000円と推計。海外は、近距離方面の旅行の増加や燃油サーチャージの値下がりにより減少すると見られる。

  • レスポンス編集部
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ