【スーパー耐久 開幕戦】激戦のST-4クラス、86同士の争いを制し ENDLESS ADVAN 86 が優勝

モータースポーツ レスポンス

2016年のスーパー耐久開幕戦「もてぎ5時間耐久レース」。今年も最激戦区となっているST-4クラスは激しいトップ争いが繰り広げられ、No.13「ENDLESS ADVAN 86」(村田信博/小河諒/元嶋佑弥/島谷篤史組)がクラス優勝を果たした。

排気量1501cc〜2000cc以下の車両で争われるST-4クラス。今年もトヨタ『86』やホンダの『S2000』『インテグラTYPE R』『シビックTYPE R』などが参戦。台数も全6クラスの中では一番多い22台がエントリー。また今年初めにSUPER GT(GT500)引退を表明した脇阪寿一もNo.52埼玉トヨペットGreenBrave86から参戦し注目を集めた。

スタートからNo.86TOYOTA Team TOM’S SPIRIT 86とNo.55SunOasisネッツトヨタ東埼玉86らとともに激しいトップ争いを繰り広げた13号車。周回を重ねるごとに順位が入れ替わり、総合トップ以上に白熱したレース展開となった。

その中でも予選で速さをみせた86号車と序盤はクラストップを死守していた55号車が有利かと思われたが、13号車は後方から虎視眈眈と元嶋、村田、小河とスティントをつないでいき終始安定した走りを披露。終盤に逆転してトップに浮上すると、最終的に134周でトップチェッカーを受けた。2位には86号車、3位には55号車が続く。ここ数年はホンダ『インテグラ』(DC5型)が勝利していたもてぎだったが、トヨタ『86』勢が見事表彰台を独占する結果となった。

なお脇阪が乗り込んだ52号車はミッショントラブルにより、早々にリタイアを余儀なくされた。

  • 吉田 知弘
  • 2016スーパー耐久開幕戦《撮影 益田和久》
  • 2016スーパー耐久開幕戦《撮影 益田和久》
  • 2016スーパー耐久開幕戦《撮影 益田和久》
  • 2016スーパー耐久開幕戦《撮影 益田和久》
  • 2016スーパー耐久開幕戦《撮影 益田和久》
  • 2016スーパー耐久開幕戦《撮影 益田和久》
  • 2016スーパー耐久開幕戦《撮影 益田和久》
  • 2016スーパー耐久開幕戦《撮影 益田和久》
  • 2016スーパー耐久開幕戦《撮影 益田和久》
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ