【アジアクロスカントリーラリー16】古河電池、同車バッテリー搭載バイクを展示

モータースポーツ レスポンス

古河電池は、同社バッテリーを搭載し「アジアクロスカントリーラリー2015」に参戦したエンデューロマシン「ハスクバーナTE250」を本社7階フロアーに5月末日まで展示する。

アジアクロスカントリーラリーは、毎年8月に開催されるアジア最大の過酷なラリー。タイを基点としたアジア各国の山岳部やジャングル、海岸、プランテーション、サーキットなどを走破する。昨年も多くの競技車両に古河電池のバッテリーが搭載され、高いポテンシャルを発揮した。

今回、その中で、インドネシアから参戦した「チームFB インドネシア」のバイク「ハスクバーナTE250」と搭載電池「FTZ7S」を展示する。

2016年大会は、8月14日からタイのパタヤのBIRAサーキットをスタート、19日にカンボジアの世界遺産アンコールワットをゴールとして開催される。古河電池は、2400kmにもおよぶ過酷なラリーをサポートするとともに、FBチームと一緒にチャレンジする。

  • 纐纈敏也@DAYS
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ