テスラの新型EV、モデル3…発表1週間で受注32万台超

エコカー レスポンス

米国のEVベンチャー企業、テスラモーターズが3月31日(日本時間4月1日)、米国で発表した新型EV、『モデル3』。同車の受注が、止まる所を知らない。

これは4月7日、テスラモーターズのイーロン・マスクCEOが自身のTwitterページで明らかにしたもの。「モデル3の先行予約が、32万5000台を超えた」と発表している。

モデル3の発表から1週間が経過したが、32万5000台を超える先行予約を獲得したのは、異例のペース。モデル3の生産開始は2017年終盤を予定しているが、今から1年半先であることを考えると、顧客の関心は高いといえる。

モデル3は、標準的なモデルが0-96km/h加速6秒以内。1回の充電での航続可能距離は、346km以上。米国ベース価格は、3万5000ドル(約380万円)と公表された。

イーロン・マスクCEOは自身のTwitterページにおいて、「発表1週間の先行予約は、累計で140億ドル(約1兆5210億円)相当」と明らかにしている。

  • 森脇稔
  • テスラ モデル3
  • テスラ モデル3の先行予約が発表1週間で32万5000台を超えたと明かしたイーロン・マスクCEO
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ