日産、神奈川県と横浜市に e-NV200 5台を無償貸与

エコカー レスポンス

日産自動車は4月8日、電気自動車(EV)『e-NV200』を神奈川県に3台、横浜市に2台無償貸与したと発表した。

日産は昨年9月、より良い街づくりや行政課題の解決等の一助となるe-NV200の活用方法を考案した自治体に対して、同車を3年間無償貸与し実際に活用してもらう取り組みを行うことを発表し、昨年末より順次貸与を始めている。

神奈川県では、県税事務所の業務の一つである軽油抜取検査などに同車を活用。e-NV200を活用することで、路上等における検査の際、使用する軽油分析器の電源をパワープラグから確保できるため、アイドリングによる騒音や排出ガスを出さずに作業することが可能となる。

横浜市では、交通局による地下鉄駅舎やバス停留所における設備の修理作業にe-NV200を活用。ガソリン式発電機を使うことなく電動工具が利用できるため、特に夜間において静かでクリーンな作業が期待できる。また、区役所における食品衛生業務では、食中毒の調査や食品抜き取り検査用車両として活用。電動式冷蔵庫を車載でき、検体をより安定した温度で冷却し運搬できるようになる。

  • 纐纈敏也@DAYS
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ