【F1】JVCケンウッド、マクラーレン・ホンダにデジタル無線システムを継続供給

業界 レスポンス

JVCケンウッドは、マクラーレン・ホンダとのオフィシャル・サプライヤー契約を更新してケンウッドブランドのデジタル無線システム「NEXEDGE」シリーズを供給する。

「NEXEDGE」シリーズは、過酷な環境下でも使用が可能となるデジタル無線システムで、「音声の秘匿化」や「ノイズの低減」、「デジタル信号補正技術や狭帯域での感度向上による広域な通信範囲」などが特長。マクラーレン・ホンダ向けにカスタマイズした専用モデルを供給する。

モータースポーツ環境下での衝撃や振動の中でも使用可能な信頼性を実現するほか、大型旅客機のジェットエンジン近くの騒音と同等となるレース中の120dB SPL(Sound Pressure Level)を超える強烈な騒音下でもノイズキャンセル技術を用いることで、チーム内におけるドライバーとチームスタッフの迅速、正確なコミュニケーションを可能にする。

JVCケンウッドとマクラーレンは、1991年に無線システムの供給に関するオフィシャル・サプライヤー契約を締結してから、日本企業としては最も長い期間にわたってパートナー関係を継続している。2016年シーズンも、ドライバーとチームスタッフの間のコミュニケーションで使用するデジタル無線システムを供給するとともに、専任スタッフによる全面的な技術サポートを行う。

  • レスポンス編集部
  • JVCケンウッドとマクラーレン・ホンダ、オフィシャル・サプライヤー契約を更新《画像 JVCケンウッド》
  • マクラーレン・ホンダ《画像 Getty Images》
  • マクラーレン・ホンダ《画像 Getty Images》
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ