【JNCC 第3戦】難コースの広島を、小池田が圧勝

モータースポーツ レスポンス

全日本クロスカントリー選手権(JNCC)の第3戦は、広島県テージャスランチで開催。古くから、ハードエンデューロと呼ばれる難しめのレースが開催される土地でもあり、変幻自在の難易度がキモ。今大会は、いつもより少しばかりテクニカルなレイアウトとされた。

開幕戦でデビューウィンを飾った期待のルーキー斉木達也、そして第2戦できっちり借りを返した小池田猛の間に緊張感が走る。また、昨年のチャンピオンである渡辺学ももちろん要注意といったところ。

スタートで飛び出したのは、今季絶好調の石戸谷蓮。小池田は3〜4番手でフォローし、斉木・渡辺はまさかのスタート出遅れを喫してしまう。しかし、さすがにこの2戦までをわかせてきただけあり、小池田がオープニングラップでトップに立つモノの、序盤のうちからこれに追随。これでもかと攻め続ける姿勢に、小池田もたまらず一時トップを譲る展開に。

斉木は、しかし2周目で小池田を追い回すなかで立ち木に衝突してしまうミス。これで大きく出遅れてしまう。執拗なまでにプッシュする斉木だが、中盤になってかみ合わず失速。2番手は渡辺で、早々に小池田と1分以上の差があったため、2位をキープする作戦に変更。3番手は渡辺を鈴木健二が追っていたが、体調不良でタイムロスしてしまい順位を落としてしまう。結局、3位に入ったのは石戸谷、西森裕一とのバトルを制した小林雅裕。

結果、小池田がトップ、2位の渡辺に4秒超の差をつける圧勝だった。

  • 稲垣 正倫
  • 渡辺学とそれを追う鈴木健二稲垣正倫/Enduro.J
  • 小池田稲垣正倫/Enduro.J
  • 3位の小林稲垣正倫/Enduro.J
  • 渡辺稲垣正倫/Enduro.J
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ