アウディ A3 カブリオレ にも改良新型…小型オープンが進化

新車 レスポンス

ドイツの高級車メーカー、アウディは4月6日、改良新型『A3カブリオレ』(日本未導入)を欧州で発表した。

現行A3カブリオレは2013年9月、フランクフルトモーターショー13で初公開。3ドアハッチバック、5ドアハッチバックの『A3スポーツバック』、4ドアセダンの『A3セダン』に続いて登場した現行A3シリーズの第4のボディバリエーション。小型プレミアムな4シーターカブリオレ。ボディを大型化したにも関わらず、現行A3カブリオレは先代比で、およそ50kg軽量化した。

ルーフは引き続き、ソフトトップを採用。現行型では、一部にマグネシウムを使った軽量構造とした。開閉操作は電動油圧式で、開閉にかかる時間は約18秒。50km/h以下なら、走行中でも開閉できる。

ソフトトップの色は、黒が標準。オプションのアコースティックトップでは、ブラック、グレー、ブラウンの3色が選択できる。このアコースティックトップでは、室内の静粛性をさらに向上。安全面では、万一の横転時に乗員を保護するアクティブロールオーバープロテクションシステムを標準装備。

今回、欧州で発表された改良新型A3カブリオレは、現行型のデビューから約2年半を経て、初の大幅改良を受けたモデル。改良の内容は、3ドアや5ドア、4ドアセダンに準じる。

外観は、フロントを中心にフェイスリフト。六角形が強調された新グリルをはじめ、ヘッドライト、バンパーが新デザインとなり、イメージチェンジ。ヘッドライトは、キセノンプラスが標準。リアは、テールランプやバンパーが新しい。内装は基本的に従来通り。ただし、ステアリングホイールが3本スポークの新デザインとなり、MMI(マルチ・メディア・インターフェイス)も最新版にアップデート。新型『TT』から導入が開始された「アウディ・バーチャル・コクピット」が、オプションで選択できる。

  • 森脇稔
  • アウディ A3 カブリオレ 改良新型
  • アウディ A3 カブリオレ 改良新型
  • アウディ A3 カブリオレ 改良新型
  • アウディ A3 カブリオレ 改良新型
  • アウディ A3 カブリオレ 改良新型
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ