アストンマーティン V12 ヴァンテージ S に2017年型…7速MT新設定

新車 レスポンス

英国の高級車メーカー、アストンマーティンは4月6日、欧州向けの『V12ヴァンテージS』の2017年モデルに、7速MTを設定すると発表した。

アストンマーティンは2009年3月、ジュネーブモーターショー09において、『V12ヴァンテージ』を発表。自然吸気の6.0リットルV型12気筒ガソリンエンジンを搭載。最大出力は517ps、最大トルクは58.1kgmを発生。0-100km/h加速は4.2秒、最高速度は305km/hと、発表当時はアストンマーティン95年の歴史において、最強のパフォーマンスを誇った。

2013年5月に発表されたV12ヴァンテージSは、V12ヴァンテージの性能を、さらに研ぎ澄ませたモデル。V12ヴァンテージの後継車に位置付けられる。そのハイライトは、エンジンの強化にある。

「AM28」型と呼ばれる6.0リットルV型12気筒ガソリンエンジンは、最新世代のボッシュ製エンジンマネジメントを採用するなど、専用チューニングを実施。この結果、最大出力は573ps/6750rpm、最大トルクは63.2kgm/5750rpmを獲得する。V12ヴァンテージに対して、56ps、5.1kgm強化。

今回、アストンマーティンは、V12ヴァンテージSの2017年モデルに、7速MTを設定すると発表。この7速MTには、「AMシフト」を採用。シフトダウン時のレブマッチング機能が付く。0-100km/h加速は3.9秒、最高速は330km/hと、ATの7速「スポーツシフト」と、同じパフォーマンスを実現している。

  • 森脇稔
  • アストンマーティン V12 ヴァンテージ S の2017年型
  • アストンマーティン V12 ヴァンテージ S の2017年型
  • アストンマーティン V12 ヴァンテージ S の2017年型
  • アストンマーティン V12 ヴァンテージ S の2017年型
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ