富士スピードウェイ、場内レストランに50周年記念ブース…往年のレーシングカーも

モータースポーツ レスポンス

富士スピードウェイは、開業50周年記念企画として、場内レストラン「ORIZURU」内に、記念展示ブースを設置した。

ブースには、富士スピードウェイで1989年まで開催されていた「富士グランチャンピオンレース」のシリーズチャンピオントロフィーをはじめ、50年の歴史の中で活躍したレーシングカーの1/43ミニチュアモデル、過去の大会公式プログラムを展示。さらに、TVモニターを設置し、過去のレース映像を放映するなど、富士スピードウェイの歴史を感られる趣向となっている。

展示ブースの一角には、これまでのレースで活躍したレーシングカーの実車も展示する。今回は、富士グランチャンピオンシリーズの人気サポートレース「マイナーツーリング」レースで活躍した「トレド 246 トリイサニー」を展示。今後1年間に渡り、富士スピードウェイ50年の歴史を彩る往年の名車を順次展示していく予定だ。ブースの一部は、「TOYOTA GAZOO Racing」の活動PRブースを兼ねており、関連ポスターの掲示に加え、グッズや記念商品なども展示される。

またレストラン「ORIZURU」では、開業50周年イヤーに合わせ、メニューをリニューアル。新メニューは、国産ビーフを使用した「ローストビーフプレート」や静岡県駿河湾特産のシラスを用いた「釜揚げシラス丼」をはじめ、静岡県産豚を使用した「カツカレー」、女性にも食べやすい「パスタ」や「タンドリーチキン&ナン」など。メニューラインアップを充実させた。

  • 纐纈敏也@DAYS
  • レストラン「ORIZURU」内の展示ブース
  • タンドリーチキン&ナン
  • パスタ カルボナーラ
  • ローストビーフプレート
  • 釜揚げシラス丼
  • カツカレー
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ