PSAグループ、EVとPHVを積極投入…2021年までに11車種

エコカー レスポンス

フランスの自動車大手、PSAグループ(旧PSAプジョーシトロエン)。同車が今後、環境対応車を積極的に投入してくことが判明した。

これは4月5日、PSAグループが発表した新経営戦略「Push to Pass」で明らかにしたもの。この新戦略において、同社は「2021年までに、新型の環境対応車を合計11車種発売する」と発表している。

環境対応車11車種の内訳は、EVが4モデル、プラグインハイブリッド車(PHV)が7モデル。PSAグループは、PHVの開発に力を注ぐ。

現時点では、プジョー、シトロエン、DSのいずれのブランドおよび車種に、EVやPHVが設定されるかは、公表されていない。

PSAグループは2010年末、三菱自動車の小型EV、『i-MiEV』のOEMとして、プジョー『iOn』、シトロエン『C-ZERO』を欧州市場で発売している。

  • 森脇稔
  • プジョーiOn(アイオン)
  • シトロエンC-ZERO
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ