2016年の交通事故死者数が1000人突破、1970年以降で最も遅いペース

社会 レスポンス

警察庁は、4月7日時点で、2016年の累計交通事故死者数は1004人となったと発表した。1000人台となったのは、昨年より4日遅く、日付別統計の残っている1970年以降、最も遅いペースだ。

4月7日時点での累計交通事故死者数は、2015年が1042人、2014年が1050人、2013年が1098人、2012年が1064人。

2016年1月1日から4月7日までで、累計死者数が最も多く増加したのは長野県で30人。15人の犠牲者を出した軽井沢スキーバス転落事故の影響が大きい。

一方、最も減少したのは大阪府で17人。大阪府警が発表した直近の情報によると、4月11時点の累計交通事故死者数は前年比27.3%減の40人、負傷者数は同8.5%減の1万2287人、事故発生件数は同1万0306人。いずれも大きく減少している。

  • 纐纈敏也@DAYS
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ