テスラ モデルS、初のフロントデザイン変更…モデルX や モデル3 と統一感

新車 レスポンス

テスラモーターズは4月13日、初となるフロントデザインの変更を含む、『モデルS』の最新アップデート情報を公開した。

モデルSは、これまでもワイヤレスソフトウェアアップデートにより週20程の改善や追加更新を実施。性能向上や安全機能、便利機能の追加を行ってきた。

今回の大幅アップデートでは、フロントデザインを初めて変更した。黒いノーズコーンをなくし、『モデルX』や『モデル3』と統一感のあるデザインとしたほか、フルLEDアダプティブ ヘッドランプを新たに装備。夜間の視界を向上する14LED 3ポジションダイナミックターニングライトを採用し、さらにスタイリッシュなフロントデザインとなった。また、今回のフロントデザイン変更により、空力性能が若干向上、航続距離も少し延びるという。

インテリアでは、高級自動車用フィルターの2倍の効果を発揮するHEPAエアフィルトレーションシステムを採用。車内の空気から99.97%の微粒子状汚染ガスと、アレルギー源、バクテリアや他の汚染物質を完全に排除する。また、インテリアオプションとして「フィギュアド アッシュ ウッド デコール」と「ダーク アッシュ ウッド デコール」を追加。車内デザインをよりパーソナライズできるようにした。

そのほか、標準装備の充電器を40アンペアから48アンペアにアップグレード。高アンペアの充電源に接続した際、より高速な充電を可能とした。

  • 纐纈敏也@DAYS
  • テスラ モデルS
  • テスラ モデルS
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ