レクサス、ハイブリッド車の累計販売100万台を達成…約11年で到達

業界 レスポンス

レクサスは4月12日、全世界でのハイブリッド車累計販売台数が100万台を達成したことを発表した。

レクサスは2005年4月、初のハイブリッド車『RX400h』を発売。以来、約11年での100万台到達となる。2016年3月末時点で、累計販売台数は約100万0600台となっている。地域別の販売実績はトップが北米で34万5500台、2位は欧州で23万7500台、3位は日本で22万5000台。またモデル別では、RX 33万5000台、CT 26万7000台、ES 11万8000台の順となっている。

RX400hの発売以降、レクサスのハイブリッドラインアップは着実に拡大し、現在では最高級セダン『LS600h』からプレミアムコンパクト『CT200h』まで、プレミアムブランドで最も多い10車種を展開している。2016年1月には最新のハイブリッドモデル『LC500h』を初公開。LC500hは次世代のハイブリッド技術であるマルチステージハイブリッドシステムを搭載し、加速性能と効率性を、より高い次元で両立している。

またレクサスでは、累計販売100万台達成を記念し、イタリア・ミラノにおいて欧州レクサス販売のトップであるAlain Uyttenhoven氏から購入客へ、100万台目となる『NX300h』の納車式を行った。

  • 纐纈敏也@DAYS
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ