正式名称決定「BMW GROUP Tokyo Bay」、臨海副都心の体験型ブランド発信基地

業界 レスポンス

ビー・エム・ダブリュー(BMWジャパン)は4月14日、東京都江東区青海に建設中のBMW/MINIブランド体験型販売新拠点の正式名称を「BMW GROUP Tokyo Bay」とすることを発表した。

BMW GROUP Tokyo Bayは、2020年東京五輪の開催で注目される臨海副都心地域の中心部に東京都が所有する約2万7000平米という広大な敷地を利用して開設。新施設は、それぞれ日本最大規模となるBMWおよびMINIショールーム、300人以上を収容可能な国際会議ホール、試乗や基礎的な運転トレーニングができるBMW M社認定のドライビングエリアなどを組み合わせた複合施設となる。

新拠点では、BMW/MINIの全ラインナップの試乗車を常時配備し、試乗対応に向けた専用カウンターも設置。BMWグループの車両をより多くの人々に体感してもらう。また、一般貸出可能な会議ホールの活用とあわせ、グローバルなMICE(国際会議、学会、展示会)の拠点としての役割も担う見込み。臨海副都心地域におけるシナジー効果を狙い、近隣他団体とのイベント共催も企画していく。

ビー・エム・ダブリュー東京が運営するショールームには、サブブランドであるBMW M、BMW iやMINIジョンクーパーワークス、カスタマーオーダーメイドプログラムであるBMWインディビジュアルの専用展示スペースを設置するほか、100台収容の来場者駐車場、カフェ、ライフスタイルショップ、電気自動車用充電設備や認定中古車展示スペース、簡易整備用ワークベイなど付帯設備も充実させている。

新拠点のプレオープニングは6月初旬を予定。7月のグランドオープンに合わせ、BMWジャパンでは、BMW創立100周年記念イベントを実施する予定だ。

  • 纐纈敏也@DAYS
  • BMW GROUP Tokyo Bay
  • BMW GROUP Tokyo Bay
  • BMW GROUP Tokyo Bay
  • BMW GROUP Tokyo Bay
  • BMW GROUP Tokyo Bay
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ