トヨタ カムリ と アバロン、米国でリコール…助手席の着座センサーに不具合

業界 レスポンス

トヨタ自動車の米国法人、米国トヨタ販売は4月13日、『カムリ』と『アバロン』の2車種を、リコール(回収・無償修理)すると発表した。

今回のリコールは、助手席の着座センサーの不具合によるもの。着座センサーは、助手席に座った乗員の体重から、大人か子どもかを識別。万一の事故の際、助手席エアバッグを最適に展開させるための装置。

米国トヨタ販売によると、カムリとアバロンの助手席着座センサーの一部に製造上の不具合があり、乗員を正しく検知しない可能性があるという。この場合、事故の際にエアバッグが適切に開かず、乗員が負傷するリスクが高まる。

リコールの対象となるのは、2016年モデル。米国で販売されたカムリ4万1630台、アバロン1万6880台の合計5万8510台が、リコールに該当する。

米国トヨタ販売は、対象車を保有する顧客に連絡。販売店において、助手席の着座センサーのソフトウェアを更新するリコール作業を行う。

  • 森脇稔
  • トヨタ アバロン の2016年モデル
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ