シュコダ、ワンオフクーペ製作中…職業訓練学生の作品

業界 レスポンス

欧州の自動車最大手、フォルクスワーゲングループに属し、チェコに本拠を置くシュコダは4月7日、ワンオフの小型クーペを製作していると公表した。

このワンオフモデルは、シュコダの職業訓練校で学ぶ27名の学生が開発したワンオフコンセプトカー。5月の初公開に向けて、製作を進めている。

シュコダの職業訓練校の学生が手がけるコンセプトカーは、今回が3作目。現時点では、車名も決定していないが、シュコダによると、リアゲートとガラスルーフを備えた小型クーペになるという。

今回、このワンオフコンセプトカーの製作の進行具合を、シュコダの経営陣に披露。学生はベルンハルト・マイヤーCEOらに、コンセプトカーの狙いなどを説明した。

シュコダのBohdan Wojnar取締役は、「このプロジェクトが、シュコダの職業訓練で身に付けた技術の優秀さを示すことになるだろう」とコメントしている。

  • 森脇稔
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ