カーナビやスマホに広告配信…DNP、管理システムを開発

業界 レスポンス

大日本印刷(DNP)は4月15日、スマートフォン、カーナビ、デジタルサイネージ等に向けた広告の配信管理を行うシステムを開発したと発表した。

同システムは、V-Lowマルチメディア放送「i-dio」による日本初のモビリティ向け専用チャンネル「Amanekチャンネル」に採用され、4月中旬より運用を開始する。i-dioは、テレビがアナログ(VHF帯)からデジタル(UHF帯)へ移行した際に不要となったVHF帯のうち1〜3チャンネルを使い、主にスマートフォンやカーナビ等の移動体端末に向けて提供する新しい無料デジタル放送。Amanekチャンネルは、ドライブミュージックの提供の他、位置情報(GPS)に対応して15分先の気象情報、交通情報、クーポン、行楽情報といった情報を自動音声(TTS)を交えながら提供する。

DNPが開発したシステムは、i-dioで放送されるスマートフォン、カーナビ、デジタルサイネージ等の広告枠を、期間、エリア、価格、条件、配信先端末といった情報から検索できる。企業や広告代理店は、購入を希望する広告枠を個別に指定、もしくは予算や条件に応じたプランを自動で作成する機能等を利用して、最適な広告枠を予約できる。

また、広告素材はオンラインで入稿できるほか、広告掲載実績も管理画面から確認可能。配信実績データは広告主の企業や広告代理店ごとに分割集計して提供され、放送確認書や配信レポート等の形式で掲載実績の閲覧・印刷ができる。

DNPは、同システムを「DNPオリジナルコンテンツ配信・表示システム スマートサイネージ」と連動させ、スマートフォン、カーナビ、デジタルサイネージ等に向けた広告枠を一元管理することで効率的な広告枠のやり取りを実現。今後、i-dioのコンテンツプロバイダー各社への拡販を進め、同システムと関連事業を含めて、2020年度までに累計で30億円の売上を目指す。

  • 纐纈敏也@DAYS
  • 画面イメージ
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ