【F1 中国GP】アロンソ、レース復帰が決定…フリー走行1回目後の再検査をクリア

モータースポーツ レスポンス

15日から開幕した2016年のF1中国GPで、フェルナンド・アロンソ(マクラーレン)の正式なレース復帰が決まった。

アロンソは開幕戦のオーストラリアGPでマシンが宙を舞うほどの大クラッシュを喫し、その影響で前回バーレーンGPを欠場。代役として日本のスーパーフォーミュラに参戦するストフェル・バンドーンがドライブし、チームに今季初のポイントをもたらした。アロンソは中国GPでの復帰を目指し体調を整え現地入り。バーレーンでの決定に従い走行前日の木曜日にメディカルチェックを受けた。

その結果「金曜のフリー走行1回目後に再検査を行い、そこで問題がなければレースへの出走を許可する」という条件つきのものに。早速、現地時間の10時から行われたフリー走行1回目に参加。約1ヶ月ぶりにマシンの乗り込みコースインを果たした。11周を走破しベストタイムは1分40秒538で全体の12番手。その後、予定通りメディカルチェックを受け正式に残りのセッションも参加可能になった。

しかしFIAはプレスリリースで「もし、異常な症状が確認された時には、ただちにマシンを止めなければならない」と、引き続き彼の体調を注意深く見守っていく方針であることも明らかにした。

ひとまず復帰が正式に決まったものの、今後の状況次第でまたドクターストップがかかる可能性もあるようだ。

第3戦中国GPの公式予選は16日16時から、決勝レースは17日15時から行われる。

  • 吉田 知弘
  • 中国GPでの正式復帰が決まったアロンソ《画像 GettyImages》
  • 中国GPでの正式復帰が決まったアロンソ《画像 GettyImages》
  • 中国GPでの正式復帰が決まったアロンソ《画像 GettyImages》
  • 中国GPでの正式復帰が決まったアロンソ《画像 GettyImages》
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ