BASF、3種類の新規顔料を発売…スタイリングとフォーミュレーションの選択肢を拡大

業界 レスポンス

BASFは、4月12日から14日に米国で開催された「アメリカンコーティングスショー(ACS)2016」で、3種類の新規顔料「ルミナロイヤル ドラゴンゴールドEH 0908」「シンカシャ ユニフロー マゼンタ EH4555/EH4505」を発表した。

ルミナロイヤル ドラゴンゴールドは、高彩度顔料ルミナロイヤルシリーズの新色。鮮やかなグリーンゴールドの干渉マイカ顔料で、ゴールドとグリーンのスタイリングに最高クラスの明度と強い輝度感を付与できる。建築物や包装材の印刷、プラスチック、電化製品、台所・大型家電、スポーツ用品、化粧品やパーソナルケア製品のパッケージ、壁紙などで、高彩度の色域の可能性を広げてくれる。

シンカシャ ユニフロー マゼンタ EH4555/EH4505は、自動車や補修、工業用途向けのキナクリドン顔料だ。EH4555は、既存の顔料より着色力が20%高い、高彩度、透明タイプの青味ピグメントレッド202顔料。一方EH4505は、さらに高彩度の黄味透明タイプのマゼンタ顔料。両製品により、高彩度なレッド、バイオレット、ブルー領域を実現する。また、いずれも極めて流動性が高く、ほとんどの水系塗料、溶剤系塗料で顔料濃度を高めることができる。

  • 纐纈敏也@DAYS
  • ルミナロイヤル ドラゴンゴールドを使用したボトル
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ