アウディジャパン斎藤社長「2020年にはセグメントシェア20%めざす」

業界 レスポンス

アウディジャパンは4月15日、アウディ梅田、アウディ箕面、アウディ堺の3店舗を同時オープンし、新規出店のアウディ梅田で記者発表を行った。アウディジャパンの斎藤徹社長が、大阪エリアへの期待を語った。

プレミアムセグメントは世界的に成長していますが、特にアウディは他社を上回る勢いで成長し続けています。2018年の目標だったグローバルでの販売台数180万台は、すでに昨年達成しました。日本においては過去10年で販売台数は倍増し、一昨年には3万台を達成しました。昨年は主力車種がモデル末期であったため3万台を下回りましたが、中古車については2割以上増えて、新車と中古車を合わせた販売台数では2年連続で4万台を達成しました。

大阪エリアは、東京に次ぐ大きな市場であり、従来から非常に重要視してきました。東京と同様、大阪においても大規模店舗を核とした「メトロポリタン戦略」を推進しており、2005年には4店舗だったものが、2008年にはアウディ大阪中央、2010年にアウディ枚方、2013年にアウディ茨城インター、2014年にはアウディりんくうを出店し、現在は8店舗体制になっています。また、増大するアウディ車両の保有台数に対しても、2012年に大阪中央サービスセンター、2015年に住之江サービスセンターをオープンして、アフターサービスの充実を図ってきました。

こうした活動によって、大阪エリアの販売台数はこの10年で3倍になり、輸入プレミアムセグメントにおけるアウディのマーケットシェアも7.4%から15.4%に上がり、全国平均の15.8%に並びました。

そして今回、大阪メトロポリタン戦略をさらに強化するため、大阪を南北に貫く背骨に当たる地域に、3店舗を同時にオープンさせました。今回オープンした3店舗は、いずれも最新の「ターミナルコンセプト」を採用した最高の設備ですが、中でも大阪「キタ」の中心地にオープンしたアウディ梅田は、2013年に横浜にオープンしたアウディみなとみらいのように、大阪エリアにおけるブランド発信の基地と考えています。今回オープンした3店舗や大阪中央を運営するアウディジャパン販売が大阪エリアに投資した額は、過去10年間で50億円に及びます。

アウディジャパン社内では、今回の3店舗同時オープンを“大阪ビッグバン”と呼んで、プロジェクトを推進してきました。今回の3店舗オープンにより、大阪エリアにおける販売体制は、いちおうの完成を見たことになります。これによってアウディは、大阪での輸入プレミアムセグメントにおけるシェアを現在の約15%から、2020年には20%以上に引き上げることを目指しています。

■アウディジャパン 斎藤徹 代表取締役社長

1960年 東京生まれ、慶応義塾大学卒

1982年 日産自動車入社

2003年 日産ロシア社長

2008年 日産ヨーロッパ 上級副社長

2009年 日産自動車 執行役員

2012年 オーテックジャパン COO

2015年 アウディジャパン販売 代表取締役

2016年1月から現職

  • 丹羽圭@DAYS
  • アウディ梅田丹羽圭@DAYS
  • アウディは、大阪エリアの輸入プレミアムセグメントにおけるシェアについて、2015年の15.4%から、2020年には20%以上を目指すとする丹羽圭@DAYS
  • 大阪エリアの輸入プレミアムセグメントにおけるアウディのシェアは、2005年の7.4%から2015年には15.4%に向上した丹羽圭@DAYS
  • アウディジャパン 斎藤 徹社長丹羽圭@DAYS
  • アウディジャパン 斎藤 徹社長丹羽圭@DAYS
  • アウディ ミッション 大阪丹羽圭@DAYS
  • アウディ梅田のオープニングセレモニーでは関係者によりテープカットが行われた《丹羽圭@DAYS》
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ