【モータースポーツジャパン16】マツダの女性レーサー育成プロジェクト、2期生9名がお披露目

モータースポーツ レスポンス

16日、モータースポーツジャパンのマツダブースでは、昨年に引き続き「マツダ・ウィメン イン モータースポーツ プロジェクト 2016」の2期生となる候補生9名がお披露目された。

マツダ・ウィメン イン モータースポーツ プロジェクトは2009年にFIA/JAFが始めた「Women in Motrosports プロジェクト」がベースとなっており、同プロジェクト委員会のアジア代表委員である井原慶子選手の声掛けにマツダが賛同する形で、2015年にスタートした。

昨年は第1期生26名が選ばれ、合宿やレース体験を通じ、モータースポーツに興味のある女性を支援している。今季は300件以上の問い合わせがあり、100件以上の書類選考を経て、最終的に9名のプロジェクトメンバー第2期生が選出された。今年の特徴は、ドライバー候補5名に加え、研究生枠として4名、メカニック、栄養士、フィジカルトレーナー、マネージメントといったレース活動を支えるさまざまな分野のメンバーを集めた(井原 プロジェクトリーダー)ことだ。

ドライバー5名も、レース経験者、ジムカーナ/ダートラ経験者、ドリフト全日本チャンピオン、EVグランプリ選手と精鋭ばかりだ。この点について、井原選手は次のように語る。

「1期生は最初ということもあり、なるべく幅広く人材を選びましたが、2期生は、それぞれの分野で世界を目指せる人たちを集めました。プロジェクトリーダーとして、今年は3年の中期目標をたてており、メンバーの中から世界選手権の出場者を育てたいと思っています。そして、今年からアメリカで始まるMX-5 Cupには、1期生、2期生の中から成績優秀者を1名選んで送り込む計画もあります。」

2016年のモータースポーツシーンを盛り上げる女性たちに期待したい。

  • 中尾真二
  • MX-5 Cup仕様の競技車両《撮影 中尾真二》
  • 成績優秀者1名が出場できるかもしれない《撮影 中尾真二》
  • 井原慶子プロジェクトリーダー《撮影 中尾真二》
  • 世界を目指せるメンバーを集めました《撮影 中尾真二》
  • マツダ ウイメン イン モータースポーツ プロジェクト2016《撮影 中尾真二》
  • 向かって右側黒い上着が1期生。赤い上着が2期生《撮影 中尾真二》
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ