スバル WRX STI、市販四輪車の最速記録更新に挑戦へ…マン島TT

モータースポーツ レスポンス

スバル(富士重工)の米国法人、スバルオブアメリカは4月15日、マン島TTコースにおける市販四輪車の最速記録の更新に挑戦すると発表した。

マン島TTは、英国で毎年開催される伝統の公道二輪レース。2011年、スバルはマン島の一周60.8kmの公道を、いかに早く走り切るかに挑戦し、当時の『インプレッサWRX STI』で、19分56秒7という市販四輪車の最速記録を打ち立てた。

2014年6月には、再び『WRX STI』が記録更新にチャレンジ。タイムは19分15秒と、2011年の19分56秒7を、およそ40秒短縮する新記録を達成した。この時の平均車速は、189.1km/h。

そして今回、スバルは3度目のマン島TTへの挑戦を発表。ドライバーには再び、英国の元ラリーチャンピオン、マーク・ビギンズ選手を起用。2014年に打ち立てた19分15秒の記録更新を目指す。

スバルは、マン島TTに挑むWRX STIの「タイムアタックカー」の画像を1点公開。外観は、ニュルブルクリンクやルマンなどの耐久レース仕様と共通イメージ。プロドライブが主体となって開発し、STI(スバル・テクニカ・インターナショナル)が技術的な助言を行うとしている。

  • 森脇稔
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ