「いま気になるのは縦置きVツイン!」モト・グッツィを箱根で試乗

モーターサイクル レスポンス

ピアッジオグループジャパンが開催した「MOTO LIVE TOUR at Hakone」は、イタリアのバイクブランド、アプリリアとモト・グッツィの試乗展示会。4月10日、ターンパイク箱根スカイビューラウンジ駐車場にておこなわれた。

東京ビッグサイト(東京都江東区)にて3月下旬に開催された東京モーターサイクルショー2016で、この試乗会を知ったY.Yさんは、モト・グッツィの『V7 II Stone』に試乗した。

これまでハーレーダビッドソンの『スポーツスター1200』やBMW『R1200GS』などを乗り継ぎ、現在はBMW『F800GS』を所有。「こんどはモト・グッツィの縦置きVツインが気になります」とのことだ。

V7 II Stoneはフロント18、リア17インチの足まわりを持つ車体に、744ccの空冷4ストローク90度V型2気筒OHV2バルブエンジンを搭載する。

また他の試乗体験者も「アプリリアやモト・グッツィの販売店が近くにないし、こうやって気軽に試乗できる機会があるのは嬉しい。箱根という素晴らしいロケーションで乗れるのもありがたい」と話す。

全国の正規販売店でV7シリーズの新車を購入すると、6月30日までの成約・登録分に限り、初回点検時からの3回の点検にかかる費用をサポートする『メンテナンスパック』が利用できる。これは車両契約時に申込み可能で、3回のメンテナンス時(点検時)にかかる費用が3万円で済み、通常にくらべて5〜6万円程度抑えられる。

  • 青木タカオ
  • モト・グッツィV7 II Stone。《撮影 青木タカオ》
  • モト・グッツィV7 II Stone。《撮影 青木タカオ》
  • モト・グッツィV7 II Stone。《撮影 青木タカオ》
  • モト・グッツィV7 II Stone。《撮影 青木タカオ》
  • モト・グッツィV7 II Stone。《撮影 青木タカオ》
  • モト・グッツィV7 II Stone。《撮影 青木タカオ》
  • モト・グッツィV7 II Stone。《撮影 青木タカオ》
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ