【ホンダ クラリティ フューエル セル】開発責任者「米国販売は初年度から日本上回る」

業界 レスポンス

ホンダが3月に発売した燃料電池車(FCV)『クラリティ フューエル セル』の開発責任者である本田技術研究所の清水潔主任研究員は、米国への投入時期が「2016年の秋以降になる」との見通しを示した。

4月18日に埼玉県和光市のホンダ和光本社で開いた試乗イベントで、報道関係者に語った。クラリティ フューエル セルの米国投入は従来、「16年度中」とされていたが、想定よりやや早めとなる。

米国でも当初の販売形態は、日本と同じリースとする。清水氏は、市場投入から1年間の米国での販売数量は「日本を上回る」との計画も表明した。日本は初年度200台のリースを計画しており、これを若干上回る規模となる見込み。

米国では有害排ガスゼロの車両販売を、自動車メーカーに義務付ける法規制が、カリフォルニア州などで強化されつつある。米国でのFCVは、すでにトヨタ自動車が15年から「MIRAI(ミライ)」を販売しているほか、今後数年で欧米メーカーも相次いで投入する方針だ。

  • 池原照雄
  • ホンダ クラリティ フューエル セル《撮影 池原照雄》
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ