多重衝突を起こしたトラック、道路沿いの建物にも突っ込む

社会 レスポンス

15日午前9時30分ごろ、東京都世田谷区内の都道を走行していたトラックが渋滞の車列に突っ込み、車両4台が関係する多重衝突を起こし、その弾みで路外に逸脱。道路沿いの飲食店に突っ込む事故が起きた。この事故で6人が負傷している。

警視庁・成城署によると、現場は世田谷区砧2丁目付近で片側3車線の直線区間。事故当時は交通集中による渋滞が発生していたが、トラックは車列最後部のワゴン車に追突。前方のクルマを巻き込み、車両4台が関係する多重衝突に発展した。

トラックは急ハンドルを切った弾みで道路左側の歩道に乗り上げ、道路沿いの建物1回部分に入居する飲食店にも突っ込んで停止。飲食店は営業前で人的被害はなかったが、クルマに乗っていた6人が打撲などの軽傷を負った。警察はトラックの運転者から自動車運転死傷行為処罰法違反(過失傷害)容疑で事情を聞いている。

現場は見通しの良い直線区間。警察ではトラック運転者の前方不注視が事故につながったものとみて、事故発生の経緯を詳しく調べている。

  • 石田真一
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ