ZMPなど3社、物流支援ロボットを活用した業務効率化ソリューションを共同推進

業界 レスポンス

ZMPとSAPジャパン、凸版印刷は4月20日、物流支援ロボットおよびIoT技術を使った業務効率化ソリューションの提供を共同で推進すると発表した。

インダストリー4.0やIoT、ロボティクスへの注目が高まる現在、物流業界などで、ICタグやセンサーなどICT技術を用いた生産・供給活動の自動化・最適化への動きが加速している。

3社による連携の第一弾として、ZMPが製造・販売する物流支援ロボット「キャリロ」に、凸版印刷のRFIDシステムを搭載、SAPの基幹業務システムと連携させることで、在庫管理・工程管理における業務を効率化するソリューションの提供を推進する。

具体的には、追従機能などが可能な台車型ロボット「キャリロ」にRFID読取装置を搭載し、さまざまなセンサーを通じて取得するデータを、基幹業務システムのSAP ERPおよびインメモリープラットフォームのSAP HANAとリアルタイムに連携させることにより、複数の在庫やアイテムの入出荷・検品作業を一括で即座に行えるだけでなく、検品ミス・誤配、省人化・省力化・労働力不足などの課題解決に貢献する。

  • 纐纈敏也@DAYS
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ