逆走の軽乗用車、順走車と正面衝突して運転者が死亡

社会 レスポンス

16日午前2時35分ごろ、愛媛県四国中央市内の松山自動車道上り線を順走していた乗用車と、本線を逆走してきた軽乗用車が正面衝突する事故が起きた。この事故で逆走車の運転者が死亡。順走車の運転者も重傷を負っている。

愛媛県警・高速隊によると、現場は四国中央市土居町付近で片側2車線の直線区間。軽乗用車は第2車線を逆走していたところ、順走してきた乗用車と正面衝突した。

衝突によって双方のクルマが中破。逆走車を運転していた同市内に在住する34歳の男性が全身を強打し、収容先の病院で約2時間後に死亡。乗用車を運転していた香川県観音寺市内に在住する54歳の男性も骨折などの重傷を負っている。

逆走車は近くにある土居インターチェンジから松山道に入り、途中でUターンしたものとみられる。事故直前には「逆走車がいる」との通報があり、同隊が捜索に出ようとした直後、事故が発生したとみられる。警察では逆走開始地点の特定を急ぐとともに、事故発生の経緯を詳しく調べている。

  • 石田真一
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ