【新聞ウォッチ】三菱自の燃費データ不正、 i-MiEV なども違反測定疑惑

モータースポーツ レスポンス

気になるニュース・気になる内幕---今日の朝刊(朝日、読売、毎日、産経、東京、日経の各紙・東京本社発行最終版)から注目の自動車関連記事をピックアップし、その内幕を分析するマスコミパトロール。

2016年4月22日付

●燃費走行試験で確認、三菱自偽装受け、国交省見直し検討(読売・1面)

●エコカー減税分請求へ、三菱自へ政府検討(読売・2面)

●社説、三菱自燃費不正、法令軽視体質が繰り返すウソ(読売・3面)

●熊本製作所休止延期へ、ホンダ、GW明け再開目指す(読売・6面)

●排ガス不正、VW50万台買い取り案、米国内賠償金1100億円超か(読売・7面)

●燃費試験不備 別車種も、三菱自国の基準に従わず(朝日・1面)

●三菱自、不正新たに1車種、燃費データ、ほか4車種も疑い(産経・1面)

●タイ車生産、3月8%増国内販売は低調(日経・11面)

●豊田通商、最終赤字に、前期(日経・13面)

●車購入先紹介で個人株主に特典、日産(日経・15面)

●車組み立て効率、ホンダ1割向上、タイ工場に新ライン(日経・16面)

ひとくちコメント

国内の自動車業界に大きな激震が走るほどの三菱自動車の燃費データ不正問題。きょうの各紙にも“余震”どころか、“本震”に近いような続報が取り上げられている。

まず、産経が1面トップで「三菱自、不正新たに1車種」とのタイトルで、「国土交通省に報告した4車のほかに、同社の『i-MiEV(アイミーブ)』でも道路運送車両法で定める方法とは異なる方法で燃費試験用データが測定されていた」などと伝えている。ただ、i-MiEVは電気自動車(EV)。産経の記事ではバッテリーの航続距離が不正だったのかどうかまでは言及していない。

読売や朝日なども「燃費試験不備、別車種でも」と報じているが、「普通車でも測定違反か」(読売)としているものの、きょうの紙面では具体的な車種は特定していない。

また、全国紙のすべて6紙が、きょうの社説のテーマに「三菱自燃費不正」を取り上げた。不正に手を染めた三菱自動車を厳しく糾弾する内容的に大差はないが、タイトルが辛らつというのか、凄まじい。

例えば、朝日の「教訓はどこへ行った」や日経の「消費者の信頼を裏切った三菱自の燃費不正」などは、それほど辛口ではない。だが、読売は「法令軽視体質が繰り返すウソ」、毎日も「繰り返された背信行為」、産経は「嘘つき企業に未来はあるか」、また、東京は「車をつくる資格なし」と市場からの退場を勧告している。

そんな中、三菱自動車以外の自動車メーカーにも飛び火するようなニュースも報じられている。毎日などが取り上げているが、国交省がメーカー側の自主申告に基づいた検査制度が悪用されたとして、制度を見直す検討を始めたという。

「無作為に抽出した燃費データが正しいかを実際に道路で走行試験をして確認し、裏付け資料をそろえることを求めることが軸となる」(読売)としている。

  • 福田俊之
  • 三菱・i-MiEV
  • 燃費データに不正があったとして謝罪する三菱自動車相川哲郎社長(20日)《写真 Getty Images》
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ