【北京モーターショー16】メルセデスGLCクーペ、アジア初公開へ

新車 レスポンス

ドイツの高級車、メルセデスベンツは4月25日、中国で開幕する北京モーターショー16において、『GLCクーペ』をアジア初公開する。

同車は3月下旬、米国で開催されたニューヨークモーターショー16でワールドプレミア。2015年9月、ドイツで開催されたフランクフルトモーターショー15で発表された『GLC』(『GLK』後継車)の派生車種。このGLCから、クーペボディのGLCクーペが派生した。

GLCクーペのボディサイズは、全長4730mm、全高1600mm、ホイールベース2870mm。車台を共用するGLCに対して、全長は約80mm長く、全高は約40mm低い。2870mmのホイールベースは共通。後部ピラーが寝かされたクーペボディが特徴で、スポーティさとエレガントさが表現される。

室内は、GLCの基本デザインを踏襲。ダッシュボードやセンターコンソールは、流れるようなライン。大型で一体成形のコンソールパネルが、エレガントさを演出する。クーペボディでありながら、室内空間および荷室空間も実用的な容量を確保した。

欧州仕様のラインナップは、ディーゼル4、ガソリン4の合計8グレード。中でも、ガソリンの「GLC 250 4 MATICクーペ」グレードは、直噴2.0リットル直列4気筒ターボを搭載。最大出力211hp、最大トルク35.7kgmを引き出す。トランスミッションは9速の9Gトロニック。0-100km/h加速7.3秒、最高速222km/hの性能を備えている。

  • 森脇稔
  • メルセデスベンツ GLC クーペ
  • メルセデスベンツ GLC クーペ
  • メルセデスベンツ GLC クーペ
  • メルセデスベンツ GLC クーペ
  • メルセデスベンツ GLC クーペ
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ