ヤマハ発動機、インド市場に新型スクーター シグナス レイZR 投入

モーターサイクル レスポンス

ヤマハ発動機は、スタイリッシュなボディに113ccエンジンを搭載したスクーターの新製品『シグナス レイZR』を4月下旬からインド市場で発売すると発表した。

シグナス レイZRは、10代から20代男性を中心に支持を得ている『シグナス レイZ』の後継モデルとして開発。コンパクトかつスポーティな現行モデルのコンセプトを受け継ぎながら、デザインをリファイン。彫が深く力強いフロントマスク、レイヤー感漂う直線ライン、スピーディさと抑揚感あるテールまわりとした。また余裕あるシート下トランクやクッション厚を増やしたタンデムシートなど、実用性と快適性も考慮している。

インドの二輪車市場は2015年、約1600万台の需要があり、2018年は1900万台規模へと伸長が見込まれている。この中でスクーターの占有率は約4分の1。その多くはファミリー向けモデルが占めている。その中で、シグナス レイZはコンパクトかつスポーティな外観で人気を集め、発売2年9か月で累計約27万台を販売。新型シグナス レイZRでは、現行モデルを上回る年間13万台の販売を目指す。

価格は5万2000インドルピー(約8万5000円)、アルミ製ホイールやディスクブレーキ、ダウンフェンダーを装備する上級モデルが5万4500インドルピー(約8万9000円)。

  • 纐纈敏也@DAYS
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ