自転車による歩行者との衝突事故、重過失致死で少年を書類送検

社会 レスポンス

昨年11月に千葉県船橋市内で発生した自転車と歩行者の衝突事故について、千葉県警は19日、自転車に乗っていた16歳の少年を重過失致死容疑で書類送検した。少年は容疑を認めているという。

千葉県警・船橋署によると、問題の事故は2015年11月5日の午後5時45分ごろ発生している。船橋市宮本7丁目付近の市道(片側1車線の直線区間)で、道路左側の路肩を走行していた自転車が縁石に接触した弾みで路外に逸脱。バランスを崩したまま道路沿いにある歯科医院の駐車場に突っ込み、場内を歩いていた48歳の女性に衝突。女性は頭部強打が原因で翌日に死亡した。

警察は自転車に乗っていた16歳の少年から事情を聞いていたが、少年の自転車は下り坂で40-50km/h程度まで加速していたとみられ、聴取に対しては「後ろからクルマが接近した気がして、左にハンドルを切ったら縁石にぶつかってコントロールを失った。縁石を路側帯と思っていた」などと供述していた。

このため、猛スピードでの走行でコントロールを失ったこと、路側帯と縁石を誤認したことが事故に結びついたと判断。少年を重過失致死容疑で書類送検している。

  • 石田真一
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ