ルノーの決算、欧州回復で売上高は11.7%増…第1四半期

業界 レスポンス

フランスの自動車大手、ルノーグループは4月21日、2016年第1四半期(1‐3月)の決算を公表した。

同社の発表によると、グループ全体の売上高は104億8900万ユーロ(約1 兆2960億円)。前年同期の93億8800万ユーロに対して、11.7%増と2桁の伸びを達成する。

第1四半期の世界新車販売台数(ダチアなどを含む)は、69万2453台。欧州の回復などが要因となり、前年同期比は7.3%増と、前年同期の0.8%増に対して伸び率が増えた。世界市場でのシェアは、前年同期から0.2ポイント増えて3.1%とした。

欧州では第1四半期、新車販売が前年同期比8.9%増と伸び、市場シェアは8.2%に拡大。『クリオ』(日本名:『ルーテシア』)をはじめ、『キャプチャー』、『エスパス』、『タリスマン』などが支持を集める。

ルノーは、「ロシアやブラジル、アルジェリアでは新車販売が落ち込んだが、欧州をはじめ、アフリカ、中東、インドは好調だった」と説明している。

  • 森脇稔
  • 新型ルノー クリオ(日本名:ルーテシア)
  • ルノー キャプチャー
  • ルノー タリスマン 新型
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ