BMW 4シリーズ、新世代エンジンを搭載…ハイパワーと環境性能を両立

新車 レスポンス

ビー・エム・ダブリュー(BMWジャパン)は、BMW『4シリーズ』のクーペ/カブリオレ/グランクーペに、新世代ガソリンエンジンを搭載し、4月22日より販売を開始する。

新世代エンジンファミリーはモジュール構造を採用し、気筒あたり500ccのシリンダーを直列に配置。総排気量に応じて幅広い出力範囲を実現する。また、すべてのエンジンに、圧倒的なパワーと優れたアクセルレスポンス、高い環境性能を実現したBMWツインパワーターボテクノロジーを採用している。

「440i」に搭載する3リットル直列6気筒直噴ターボエンジンは、従来モデルの「435i」に比べ、最高出力を20ps、最大トルクを50Nm向上し、それぞれ326ps、450Nmを発揮する圧倒的な動力性能を実現。一方で、燃料消費率(JC08モード)も最大で約10%向上し、クーペおよびグランクーペで13.5km/リットル、カブリオレは12.3km/リットルの低燃費を達成している。

そのほか、420iに搭載する2リットル直列4気筒直噴ターボエンジンは最高出力184ps、最大トルク270Nmを、430iに搭載するその高性能バージョンは最高出力252ps、最大トルク350Nmを、それぞれ発生する。

装備面では、従来から標準装備する「衝突回避・被害軽減ブレーキ」「レーン・ディパーチャー・ウォーニング」「アクティブ・クルーズ・コントロール」などに加え、自車左右後方の走行車両や追い越し車線から急接近してくる車両をドライバーに警告する「レーン・チェンジ・ウォーニング」を全車に追加装備する。

価格はクーペが523万円から809万円、カブリオレが883万円から901万円、グランクーペが528万円から815万円。

  • 纐纈敏也@DAYS
  • BMW 4シリーズ カブリオレ
  • BMW 4シリーズ グランクーペ
  • レーン・チェンジ・ウォーニング
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ