燃費検査方法見直しへ、三菱不正受け…国交相

社会 レスポンス

石井啓一国土交通相は4月22日の閣議後会見で、三菱自動車工業による燃費試験の不正行為に関連して、今後検査方法の見直しを検討する考えを示した。

三菱自動車工業は、燃費試験に際して国交省が提出を求めている走行抵抗値を不正に操作して提出していた。

石井国交相は「メーカーから提出された走行抵抗値を信頼して台車走行試験を行ってきたが、信頼が失われたことを踏まえ、今後検査方法の見直しなどを行っていきたい」と述べ、見直しを明言した。

同省では、20日以降、三菱自動車工業への立入検査を連日実施しており、走行抵抗の実測値の確認など不正行為の内容や不正に至った経緯を確認している。

ユーザーに対する三菱自動車の責任を問われた国交相は、車両の買い取りやエコカー減税分の返還についても「その可能性はある。誠実に対応して欲しい」と述べた。

  • レスポンス編集部
  • 石井啓一国土交通相
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ