【スーパーフォーミュラ】「がんばろう! 九州」の思いとともに、開幕戦のレースウイークがスタート

モータースポーツ レスポンス

22日、三重県の鈴鹿サーキットで、全日本スーパーフォーミュラ選手権(SF)開幕戦のレースウイーク最初の走行が実施された。今季のSFは「がんばろう! 九州」の思いとともに開幕を迎える。

昨季は実施されていなかったレースウイークの“金曜フリー走行”が、今季はヨコハマ製ワンメイクタイヤへの切り替え年ということ等を鑑みて、全戦で原則的に実施されることとなった。この日は午後3時35分から1時間の走行、今季参戦の全19台が出走し、各々のセットアップ作業を進めた。トップタイムは野尻智紀(#40 DOCOMO TEAM DAMDELION RACING/ホンダ)がマークした1分38秒492。

開幕戦鈴鹿は例年同様に2輪との併催による「2&4」だが、今年は大会冠スポンサーに日本特殊陶業がつき、「2016 NGK スパークプラグ 鈴鹿2&4レース」という大会名に。メインストレートのブリッジが「NGK」で彩られ、また新シーズンということで各チームのマシンやピット機器にも新たな色やロゴが輝いているが、そのなかには「がんばろう! 九州」のステッカーも混じっている。これは今般の熊本・大分周辺での地震災害発生を受けての、SFとしての支援姿勢を示すメッセージだ。

全車の車体左右と、全選手のヘルメットバイザーにこのメッセージステッカーが貼られ、開幕戦恒例の全選手集合撮影でもメッセージパネルが掲出される予定。また、土〜日のピットウォーク等では義援金募金も行なわれる。

九州への思いとともに開幕する今季のSF。開幕戦鈴鹿は明日の土曜(23日)が3段階式ノックアウトの公式予選、そして日曜(24日)が43周の決勝250kmレースとなる。

  • 遠藤俊幸
  • ホームストレートのブリッジが「NGK」に。《撮影 遠藤俊幸》
  • 参戦2年目を迎える#8 小林可夢偉。《撮影 遠藤俊幸》
  • インパルの注目新人、#20 関口雄飛。《撮影 遠藤俊幸》
  • #40 野尻が金曜フリー走行のトップタイムをマーク。《撮影 遠藤俊幸》
  • 前年王者#1 石浦宏明は、この日の金曜フリー走行で2番手タイム。《撮影 遠藤俊幸》
  • #2 国本雄資は金曜フリー走行3番手タイム。僚友の王者・石浦の次位だった。《撮影 遠藤俊幸》
  • いよいよ今季の戦いがスタートする。《撮影 遠藤俊幸》
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ