【北京モーターショー16】ホンダ アコード ハイブリッド 改良新型、初公開へ

新車 レスポンス

ホンダは4月25日、中国で開幕する北京モーターショー16において、『アコード ハイブリッド』の改良新型モデルを初公開する。

現行アコード ハイブリッド は2013年6月、日本国内で発売。新開発のハイブリッドシステム、「スポーツ ハイブリッドi-MMD」を搭載。燃費は30.0km/リットルを達成していた。

北京モーターショー16で初公開されるアコード ハイブリッドの改良新型モデルは、日本国内で5月下旬の発売を予定しているモデルと基本的に共通。ただし、中国仕様では、フロントマスクなどが専用デザインになるもよう。

改良新型モデルでは、スポーツ ハイブリッドi-MMDのモーターの構造や製法を進化。ホンダによると、上級セダンにふさわしい力強い走りとともに、静粛性も引き上げられているという。

さらに、日本国内向けでは、先進の安全運転支援システム、ホンダ センシングを標準装備。ホンダは、「顧客に高い安心感を提供する」と説明している。

  • 森脇稔
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ