【北京モーターショー16】BMW 7シリーズ 新型 に600馬力の「M」…アジア初公開へ

新車 レスポンス

ドイツの高級車メーカー、BMWは4月25日、中国で開幕する北京モーターショー16において、『M760Li xDRIVE V12』をアジア初公開する。

同車は3月上旬、スイスで開催されたジュネーブモーターショー16でワールドプレミア。新型『7シリーズ』の頂点に立つ高性能グレード。『1シリーズ』の高性能グレード、「M135i」などを手がけたMパフォーマンスが、初めてV型12気筒エンジンをチューニングした。

排気量6592ccのV型12気筒ガソリンエンジンは、2個のターボで過給。最大出力600hp/5500rpm、最大トルク81.6kgm/1500rpmを引き出す。トランスミッションは8速ステップトロニック。駆動方式は4WDのxDRIVE。動力性能は、0-100km/h加速3.9秒、最高速250km/h(リミッター作動)と、大型サルーン屈指の性能を発揮する。

内外装は、Mパフォーマンス仕立て。パワフルなエンジンに合わせて、サスペンションやブレーキは強化された。

4月25日、中国で開幕する北京モーターショー16では、このM760Li xDRIVE V12がアジア初公開を飾る。新型7シリーズは2015年10月、中国市場で発売。今度は高性能車を求める中国の顧客に向けて、M760Li xDRIVE V12をアピールしていく。

  • 森脇稔
  • BMW M760Li xDRIVE V12
  • BMW M760Li xDRIVE V12
  • BMW M760Li xDRIVE V12
  • BMW M760Li xDRIVE V12
  • BMW M760Li xDRIVE V12
  • BMW M760Li xDRIVE V12
  • BMW M760Li xDRIVE V12
  • BMW M760Li xDRIVE V12
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ