アルミダイカスト製造のケイディ、特別清算開始…自動車メーカーの減産が影響

業界 レスポンス

東京商工リサーチによると、埼玉のアルミダイカスト製造会社ケイディ(旧:共和ダイカスト)が3月17日、東京地裁に特別清算を申請し4月12日、特別清算開始決定を受けた。負債総額は約50億7300万円。

同社は 昭和8年創業のアルミダイカスト製造会社。大手自動車部品メーカーを主要取引先として、ピークとなる2008年5月期には売上高は約60億2400万円に達していた。また、タイに工場を立ち上げるなど海外でも事業を展開していた。しかし、リーマン・ショック以降は自動車メーカーの減産の影響を受けるなどで業績不振に陥り、2014年5月期の売上高は約35億6200万円に落ち込み最終赤字8億3500万円を計上、債務超過に陥った。2015年5月期も売上高約35億2900万円にとどまり、海外関連会社の支援に伴う特別損失計上により最終赤字2104万円を計上、2期連続の最終赤字となった。

その後、関係先との協議を進め事業再生のスキームとして2015年10月1日、共和ダイカストに主力事業を移管。同社は現社名に変更し、2016年2月18日の株主総会の決議により解散していた。なお、業務は共和ダイカストが引き継いでおり、通常通りの業務が行われている。

  • 纐纈敏也@DAYS
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ