【北京モーターショー16】マツダ CX-4、初公開…新型SUVクーペ

新車 レスポンス

マツダは4月24日夜、中国で開催した北京モーターショー16のプレビューイベントにおいて、『CX-4』をワールドプレミアした。

CX-4は、新型クロスオーバーSUV。SKYACTIV(スカイアクティブ)技術と、魂動(こどう)デザインを全面的に採用した、マツダ新世代商品の最新モデルとなる。

開発コンセプトは、「エクスプローリング・クーペ」。CX-4は、既存のSUVとは一線を画した際立つ存在感、使い手の期待に応える考え抜かれた機能性、人馬一体の走りを実現する「サステイナブルZoom-Zoom」を追求。顧客の創造的なライフスタイルをサポートする新しいタイプのクロスオーバーSUVを目指す。

フロントマスクには、マツダの最新ファミリーフェイスを導入。ヘッドライトには、LEDを採用。サイドビューでは、19インチの大径ホイール&タイヤが目を引く。マツダによると、ダイヤモンド切削の金属成形技術が、絶妙な質感を表現しているという。

インテリアは、活気に満ちたデザインが特徴。さらに、リラックスしてドライブできることも重視された。ダッシュボードには、アルミとホワイトウッドを組み合わせたトリムパネルを用意。丁寧に縫製されたレザーシートも設定する。

CX-4には、SKYACTIVテクノロジーを導入した高効率な直噴ガソリンエンジン、「SKYACTIV-G」を搭載。マツダによると、パワーと楽しさ、優れた燃費性能を両立させているという。また中国仕様には、SKYACTIV 仕様の6速MT、「SKYACTIV-DRIVE」を設定。駆動方式は、4WDの「i- ACTIV AWD」。走行状態や路面状況により、最適な駆動トルクを前後の車輪に分配する。

この他、CX-4には、「SKYACTIV-CHASSIS」と「SKYACTIV-BODY」を採用。サスペンションは、フロントがマクファーソンストラット、リアがマルチリンク。マツダは、「人馬一体の走りを追求した」とコメントしている。

  • 森脇稔
  • マツダ CX-4
  • マツダ CX-4
  • マツダ CX-4
  • マツダ CX-4
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ