【テクノフロンティア16】ゴミ箱が犯罪者を発見!? 旭光通信の防犯機能付ダストボックス

モータースポーツ レスポンス

鉄道などの通信システムや設備を提案している旭光通信システム(本社・神奈川県川崎市)は「テクノフロンティア2016」に画期的なゴミ箱を披露した。それは、ゴミを捨てに来た人物を認識し、その中身も識別、おまけにそれを動かす電力はその人からもらう、というもの。

「ダストボックスにカメラや録画装置、センサーなどの機能を付与したものなんです。そして、ダストボックスの前には圧電マットが敷いてあり、その電力を利用してカメラなどの装置を動かす仕組みになっています。そのため、どこにでも設置することが可能になります」と同社関係者は説明する。

使われているソフトはロシア製で、2014年のソチオリンピックの際に入場ゲートで活躍したいう。なんでも、悪いことをする人間は顔に緊張が走るそうで、その度合いを測れるとか。2018年のワールドカップロシア大会でも、またゲートで使用される予定になっているとのことだ。

文字通り、犯罪の未然防止や犯罪者の発見に役立てようというシステムだが、旭光通信はそれをゴミ箱に応用したわけだ。ただ、日本ではまだ採用されていないそうだ。

「今回の展示会で試験的に出してみたんです。いろいろな組み合わせが考えられるので、これから鉄道会社などと協力しながら製品化していきたいと考えています」と同社関係者。そのターゲットは言うまでもなく2020年の東京オリンピックだ。そのときには、このゴミ箱が至るところで目を光らせることになっているかもしれない。

  • 山田清志
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ