【北京モーターショー16】アウディ TT ロードスター 新型に頂点「RS」…2.5ターボは400馬力

新車 レスポンス

ドイツの高級車メーカー、アウディは4月25日、中国で開幕した北京モーターショー16において、新型『TT RS ロードスター』を初公開した。

同車は、新型アウディ『TTロードスター』の最強グレード。北京モーターショー16では、新型『TT RSクーペ』と同時に、ワールドプレミアを飾っている。

新型TT RSロードスターには、先代譲りの直噴2.5リットル直列5気筒ガソリンターボ「TFSI」エンジンを搭載。ただし、大幅に出力が高められており、最大出力は60hpプラスの400hp、最大トルクは3kgmプラスの48.9kgmを引き出す。

駆動方式はフルタイム4WDの「クワトロ」。新型TT RSロードスターには、最新のトラクションコントロールが採用されており、0-100km/h加速は3.9秒の実力。これはクーペの3.7秒に対しても、遜色ないパフォーマンスとなる。

また新型には、痛快なサウンドを発生する「RSエグゾーストシステム」を採用。テールランプには、アウディの市販車初のOLEDライトが装備される。ソフトトップは走行中でも、50km/h以下なら開閉が行える。

  • 森脇稔
  • 新型アウディ TT RS ロードスター
  • 新型アウディ TT RS ロードスター
  • 新型アウディ TT RS ロードスター
  • 新型アウディ TT RS ロードスター
  • 新型アウディ TT RS ロードスター
  • 新型アウディ TT RS ロードスター
  • 新型アウディ TT RS ロードスター
  • 新型アウディ TT RS ロードスター
  • 新型アウディ TT RS ロードスター
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ