【GW】キャンピングカー旅行、のんびり計画で「夫婦2人旅」が過半数

社会 レスポンス

日本RV協会は、キャンピングカーユーザーがゴールデンウィークにどのような旅行計画をいつ練り、どこへ行くか、家族構成など9項目に分け3月18日〜4月17日にかけて調査した。回答者は約230名だった。

それによると、旅行計画はGWの直前に立てる傾向が強いことが判明した。目的地としては、東北・九州が人気を二分した(ただし、この調査は九州地方での地震が起きる前という条件がつく)。家族構成で一番多いのは夫婦2人、宿泊数は2泊3日、休憩・仮眠の候補地としては道の駅が6割を超えるなど、興味深いデータが浮かび上がった。

旅行計画をいつ立てるかで、一番多かったのが、実際のGWがスタートする40日前〜1か月前ぐらいの状況では「何も決めていない」という回答が27.9%を占めていた。そのほかの回答では、「詳細までは詰めていないが、大まかな計画は練っている」が16.2%。「行く先では漠然と決めている」が14.8%、「GW直前の観光情報・気象情報などを見てから決める」が14.4%。意外と、のんびりした回答が7割を超える。「具体的な詳細まで決まっている」という回答はわずか14.0%だった。ホテルや旅館など事前に予約を入れなずに気ままな旅行ができるキャンピングカーの特性が非常に表れているといえる。

「行ってみたい」場所としては、「東北」と「九州」が15.1%を獲得し、トップにだった。ただ、2016年4月14日の熊本地震後の統計ではない。以下「北信越」が12.9%、「関東」が11.5%だった。長期旅行の目的地としてダントツの人気を誇っていた「北海道」は7位に後退した。

「東北」は、GWの旅行先の候補としてはここ数年人気が上がっており、2012年が2位、2013年が3位だったが、2014年ではトップを獲得した。

キャンピングカーで行くGW旅行を楽しむ家族構成は、「夫婦2人」という回答が半数を超える57.4%。ここ数年の間に、家族構成にも変化が訪れている。2013年の調査では、「小学生〜中学生の子供を交えた家族」という回答が59.7%を占め、「夫婦2人」(35.3%)という回答を大きく引き離していた。ところが、2014年の調査では、「夫婦2人」という回答が半数を超える54.2%に浮上、「子供を連れたファミリー」という回答を逆転している。今回の調査でも、「小学生以上の子供を入れたファミリー&小学生までの子供を入れたファミリー」(合わせて27.9%)を引き離している。

仮眠・休憩の場所としては、「道の駅」が61.9%。無料の駐車場がある「道の駅」を利用するキャンピングカーユーザーの1日当たりの旅行予算は、「8000円〜1万円未満」が一番多く、23.2%。2番手は「3000〜5000円未満」で19.2%。と、ホテル泊を前提とした自動車旅行では、高速道路代、ガソリン代を含めると、1家族当たり1日2万円〜5万円程度。それからするとかなり低予算といえる。

走行距離は、「1000km未満」が37.8%、「500km未満」が36.6%、「2000km未満」が12.2%とかなり長距離のドライブが多い。「100km未満」はわずか3.5%だった。宿泊数は「2泊3日」で28.2%、「3泊4日」で27.6%、「4泊5日」で16.5%という結果だった。

旅行の情報はやはりネットで得るという回答が多く、65.6%の人が利用している。

  • 編集部
  • 日本RV協会がアンケートしたGW(ゴールデンウェーク)のキャンピングカー旅行の調査結果
  • 日本RV協会がアンケートしたGW(ゴールデンウェーク)のキャンピングカー旅行の調査結果
  • 日本RV協会がアンケートしたGW(ゴールデンウェーク)のキャンピングカー旅行の調査結果
  • 日本RV協会がアンケートしたGW(ゴールデンウェーク)のキャンピングカー旅行の調査結果
  • 日本RV協会がアンケートしたGW(ゴールデンウェーク)のキャンピングカー旅行の調査結果
  • 日本RV協会がアンケートしたGW(ゴールデンウェーク)のキャンピングカー旅行の調査結果
  • 日本RV協会がアンケートしたGW(ゴールデンウェーク)のキャンピングカー旅行の調査結果
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ