三菱自動車の燃費不正操作、26日に国交省に報告

社会 レスポンス

石井啓一国土交通相は26日の会見で、三菱自動車工業が同日、燃費不正操作についての報告を同省に行うことを発表した。

同社は型式認定試験で燃費を有利にみせかけるため、計測の前提となる走行抵抗値を定められた手法を使わずに導き出した。国交省はこの不正操作の報告を受け、詳細を27日までに求めていた。

同省自動車局は22日までの3日間、走行抵抗値の提出に関係した名古屋製作所技術センターに道路車両運送法に基づく立入検査を行った。

「報告内容や立入検査の内容の精査し、その結果をふまえて厳正に対応する。本件の全容を解明する」(石井氏)。

同社は27日に決算発表を控えている。そのため前倒しで報告を行うものとみられる。国交省は同社の報告を待ち、立入検査の内容についても会見を行う予定だ。

  • 中島みなみ
  • 三菱自動車本社(参考画像)《写真 Getty images》
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ