三菱ふそう、小型トラック キャンター を初のモデルチェンジ…燃費向上など

新車 レスポンス

三菱ふそうトラック・バス(MFTBC)は、小型トラック『キャンター』をフルモデルチェンジし、4月26日より販売を開始した。

2010年にデビューしたキャンターは、今回が初のモデルチェンジ。4P10型エンジンだけでなく、車両トータルとしてチューニングを施し燃費効率を向上させた。国内トップレベルの省燃費を実現し、最大積載量3トン以下のISS(アイドリングストップ&スタート)付き仕様全車で、2015年度重量車燃費基準+10%を達成。その他車両も全車で2015年度重量車燃費基準+5%を達成した。

室内はブラックとシルバーを基調とする、ラグジュアリーな内装へ一新。運転席シートにはサイドサポートを採用し、ホールド性を向上するとともに、座面クッションを拡大し、疲れにくく快適な運転環境を提供する。また、オーバーヘッドシェルフやフロアコンソール、センタートレイ&マガジンラックなどの収納を標準装備。収納スペースを拡大し、使い勝手の良い居住空間を実現した。

また、デュアルクラッチ式AMT「DUONIC2.0」搭載車には、坂道発進時のずり下がりを抑える「ヒルスタートアシスト機能」を標準搭載。ブレーキペダルから足を離しアクセルペダルを踏むまでの間、一時的にブレーキ力を保持する。

価格は、車型TRG-FEA50、4P10(T4)エンジン、6速DUONIC 2.0、アイドリングストップ&スタート付きキャブ付きシャシー、ヒルスタートアシスト機能付きが429万9480円など。

  • 纐纈敏也@DAYS
  • デュアルクラッチ式AMT「DUONIC2.0」
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ