【北京モーターショー16】BMW X1 新型に中国専用のロング…105mm延長

新車 レスポンス

ドイツの高級車メーカー、BMWは4月25日、中国で開幕した北京モーターショー16において、新型『X1』の「ロングホイールベース」を初公開した。

BMWは『5シリーズ』と『3シリーズ』に、中国市場専用のロングホイールベース車を設定。今度は新型X1にも、中国市場の顧客が好むロングホイールベース車を、中国専用モデルとして投入する。

ボディサイズは、全長4560mm、全幅1820mm、全高1620mm。通常の新型X1(全長4455mm、全幅1820mm、全高1610mm)に対して、全長は105mm長い。この部分は、主に後席足元の空間拡大に充当された。後席には130mmのスライド機能が付く。荷室容量は505リットル。後席を倒せば、最大1650リットルに拡大する。

パワートレインに関しては、「1.5T」と「2.0T」を用意。この2ユニットは、グローバル仕様の新型X1と共通。1.5Tは1.5リットル直列3気筒ガソリンターボで、最大出力136hp。2.0Tは2.0リットル直列4気筒ガソリンターボ。最大出力は192hpと231hpの2種類のチューニングが用意される。

新型X1のロングホイールベースは、BMWの中国合弁、BMWブリリアンスの中国遼寧省瀋陽工場で現地生産される予定。

  • 森脇稔
  • 新型 BMW X1 のロングホイールベース(北京モーターショー16)《撮影 関航介》
  • 新型 BMW X1 のロングホイールベース(北京モーターショー16)《撮影 関航介》
  • 新型 BMW X1 のロングホイールベース(北京モーターショー16)《撮影 関航介》
  • 新型 BMW X1 のロングホイールベース
  • 新型 BMW X1 のロングホイールベース
  • 新型 BMW X1 のロングホイールベース
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ