レクサスの欧州販売、16%増の1.8万台と過去最高…1-3月

業界 レスポンス

トヨタ・モーター・ヨーロッパは、2016年第1四半期(1-3月)のレクサスの欧州新車販売の結果を発表した。総販売台数は、第1四半期としては過去最高の1万8058台。前年同期比は16%増と大きく伸びた。

車種別の1-3月実績では、新型SUVの『NX』が6315台。前年同期比は3.9%減と落ち込んだものの、レクサス全体の35%を占める最量販車の地位を維持している。

NXに続いたのは、新型を投入した『RX』。前年同期のおよそ2.1倍の4024台を売り上げた。以下、コンパクトハイブリッドの『CT200h』が、2445台。『IS』は1854台、『GS』が697台、『RC』が534台、『ES』が475台、『LS』が45台。

注目できるのは、ISの最も売れたグレード。ハイブリッドの「IS300h」がIS全体のおよそ9割を占めた。ディーゼルが主流の欧州市場で、ガソリンハイブリッドが支持を伸ばした。

なおレクサスは、2020年までに、欧州で年間10万台を販売することを目指している。

  • 森脇稔
  • レクサスNX(欧州仕様)
  • 新型レクサス IS のハイブリッド、IS 300h(欧州仕様)
  • レクサス CT200hの大幅改良モデル
  • レクサスGS
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ