【テクノフロンティア16】小型軽量なポイ捨てガム除去マシン、引き合い相次ぐ…ジェイ・エス・ピー

業界 レスポンス

路上や床に張り付いたガムを取り除くのはなかなか手間がかかるものだが、簡単に取り除く機械を「テクノフロンティア2016」で発見した。ジェイ・エス・ピー(本社・東京都江東区)が輸入販売する「ガムワンドG9」がそれだ。

通常、ポイ捨てガムの処理には、金属へらを使っての手作業、高圧洗浄、スチーム洗浄などいくつか方法があるが、コスト、サイズ、騒音、生産性、環境への負荷など常に課題があった。しかし、このガムワンドG9はそれらの課題をすべてクリアするものだという。

「ガムワンドは床などを傷めることなく、後も残さずにポイ捨てガムを数秒で分解します。しかも、重量が8.5kgと非常に軽量で、一人でも簡単に作業することができます。1時間作業をすれば、約200個のポイ捨てガムが取れます」と同社関係者は説明する。

電源も不要で、カセットガスボンベをセットするだけ。高圧洗浄機のように電源コードを引きずることもないのだ。そして、スイッチを入れればすぐに起動し、環境に優しい植物由来の洗剤がポイ捨てガムを溶かしていく。

「昨年10月に英国から輸入して販売を開始しましたが、鉄道会社やショッピングモールなどで使っていただき、非常に高い評価を得ています。引き合いもいろいろなところからきています」と同社関係者は話す。

価格は46万円。同社ではポイ捨てガムの処理に困っているところが多いので、今後さらにこの機械の需要はさらに高まると見ている。

  • 山田清志
  • ポイ捨てガム除去マシン「ガムワンドG9」はカセットガスボンベをセットするだけ《撮影 山田清志》
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ