フィアット・クライスラー 決算、純利益は5.2倍…第1四半期

業界 レスポンス

欧米の自動車大手、FCA(フィアット・クライスラー・オートモービルズ)は4月26日、2016年第1四半期(1-3月)の決算を明らかにした。

同社の発表によると、売上高は265億7000万ユーロ(約3兆3390億円)。前年同期の258億4300万ユーロに対して、2.8%増加している。

また、第1四半期の純利益は、4億7800万ユーロ(約600億円)。前年同期の9200万ユーロ(フェラーリを含む)に対して、およそ5.2倍の大幅な増益を達成し、第1四半期としては、2年連続で黒字を計上した。

第1四半期の世界新車販売台数は、108万6000台。前年同期比は、0.7%減と落ち込む。しかし、主力の北米市場において、SUVやピックアップトラックなど収益性の高い大型車の販売が伸び、大幅な増益につながった。

FCAは2014年5月、中期経営計画の「2014‐2018ビジネスプラン」を発表。2018年までに、世界新車販売台数を、2013年実績に対して、およそ6割増の700万台へ引き上げる目標を掲げている。

  • 森脇稔
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ