日野市橋社長「乗用車の安全運転支援技術をトラック・バスへ積極的に採用」

業界 レスポンス

日野自動車の市橋保彦社長は、親会社のトヨタ自動車が乗用車で実用化している安全運転支援技術を自社のトラック・バスに積極的に採用していく考えを明らかにした。

市橋社長は4月26日に都内で開いた決算会見後、報道陣の囲み取材に応じ、安全運転支援技術について「軽井沢のスキーバス事故など大型車の事故が社会に与える影響が非常に大きいことから、我々としては先進技術を用いた車をできるだけ早く供給するよう着実にやっていきたい」と述べた。

その上で「我々としては乗用車で量産化されているユニットやデバイスで使えるものは、できるだけ使っていきたい。トラック・バスの安全運転支援を普及させるための、ひとつの方法」との認識を示した。

実際、日野が5月に発売を予定している小型トラック『デュトロ』の改良版には新たに衝突被害軽減ブレーキや車線逸脱警報が採用されるが、これらはトヨタの乗用車に使われているものを活用しているという。

さらに市橋社長は「乗用車に比べて車高が高いので、それに応じた適合は必要にはなるが、中・大型車でも採用していきたい。我々の考え方としては、すでにたくさん使われているものを採用することで安全運転技術を展開していく」と語った。

  • 小松哲也
  • 日野デュトロ《提供 日野自動車》
  • 日野自動車 決算会見《撮影 小松哲也》
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ